座長・発表者へのご案内

■座長の先生方へ

担当されるセッション開始の15分前までに、講演会場内の「次座長席」にご着席ください。

 

■発表者の先生方へ

①発表時間

<一般演題> 発表7分、討論2分

<ワークショップ・シンポジウム> おってご案内いたします。

 

②発表形式・データ

<PC・データ受付>

発表の30分前までに、2階 受付横の「PC・データ受付」にて受付をお済ませいただき、15分前までに講演会場内の「次演者席」にご着席ください。

●データ受付時間:11月22日(金)8:00~17:00

11月23日(土)8:00~14:00

 

<発表形式>

  • Power PointによるPC発表のみ、スクリーンは1面となります。
  • Macintoshをご使用の場合、動画を用いる場合にはご自身のPCをご持参ください。
  • 発表時は演台上にモニター・マウス・キーボードをご用意してありますので、ご自身
    で操作していただきます。
  • 動画や音声をご使用になる場合は、PC受付に必ず申し出てください。
  • タブレット端末を使用しての発表はご遠慮ください。

 

<発表データ>

◆発表データを持参の場合◆

  • メディアでの受付は、Windowsで作成されたデータのみとなります。
  • お持ち込みいただけるメディアは、USBフラッシュメモリーのみとなります。
  • 会場にご用意する発表用PCのOSはWindows10、アプリケーションはPowerPoint2013・2016 Windows版となります。
  • フォントは文字化けを防ぐため以下をご使用ください。

日本語:MS・MSPゴシック、MS・MSP明朝

英 語:Arial、Arial Black、Century、Century Gothic、Times New Roman.

 

  • 液晶プロジェクトの解像度はXGA(1024×768ピクセル)です。
  • ファイル名は「演題番号(半角)」+「発表者氏名」としてください。
    (例:O-1 沖縄花子)
  • 発表者ツールは使用できません。
  • 発表データ作成後、作成したPC以外のPCで正常に動作するかチェックしてください。
  • お預かりしたデータは学会終了後、運営事務局が責任をもって削除いたします。

 

◆ご自身のPCを持参の場合◆

  • Windows、Macintosh とも受付可能です。
  • PCをお持込の場合でも、PC受付にて確認作業を行ってください。その後発表会場の
    PCオペレーター席までお持ちください。
  • ご自身のPCの外部モニターの出力端子の形状を必ず確認し、必要な場合は接続用の外部出力変換アダプターを必ずご持参ください。事務局でご用意するのは、Mini D-sub15ピンおよびHDMIに対応する端子のみとなります。
  • データ内に動画(PowerPointのアニメーション機能は除く)が含まれている場合は、ご自身のPCをご持参ください。
  • 予め、スクリーンセーバー、省電力設定、起動時のパスワード設定は、事前に解除しておいてください。
  • 念の為、バックアップデータを保存したUSBフラッシュメモリーをご持参ください。

 

<利益相反の開示について>

第46回日本マススクリーニング学術集会では演題登録発表に際して、利益相反の開示が必要となります。

 

  1. 産学連携活動に係る受け入れ額が、1企業あたり年間200万円以上(所属機関からの間接経費が差し引かれる前の金額)の場合
  2. コンサルタント料、指導料、講演料、原稿料、奨学寄付金、給与としての個人収益が、1企業あたり年間100万円以上(税金や源泉徴収額を引く前の金額)の場合
  3. 産学連携活動に係る個人収益(公開・非公開を問わず、当該企業の株式等の出資・取得・保有及び売却・譲渡、ストックオプションの権利譲受、もしくは、役員報酬、特許権使用料等)が1企業あたり年間100万円以上あった場合(但し、投資信託、もしくは、当該個人によって管理・制御できない多角的なファンドにおいて資金運用される場合を除く)
  4. 上記1~3のいずれかに該当する企業に一親等の親族が現在勤務している場合
    ※個人収益の場合は、前年の1月1日から12月31日まで、ただし、寄付金や企業からの受託等、産学連携活動に係る研究の場合は、前年4月1日から本年3月31日までの期間でも可。
    筆頭演者および共同演者が、上記1~4のいずれかにあてはまる場合は、演題登録の際に、「利益相反がある」をお選びください。追って、ご連絡をさせていただきますので、ご了承ください。なお利益相反に関する質問につきましては、日本マススクリーニング学会第46回大会事務局までお問合せください。
  5. 利益相反開示例
    日本マススクリーニング学会第46回大会において、すべての筆頭演者、共同演者の利益相反をスライドの2枚目(タイトルスライドの後)に、開示をしてください。開示用スライドのひな形は、以下よりダウンロードしてご使用ください。

 

開示スライド サンプル

⇒ [申告すべきCOI状態なし]  日本語版  | English

⇒ [申告すべきCOI状態有り]  日本語版  | English

 

 

【お問合せ先】

第46回日本マススクリーニング学会学術集会運営事務局
〒900-0004 沖縄県那覇市銘苅1-19-29
株式会社アカネクリエーション
TEL:098-862-8280 FAX:098-862-8891
Email:jsns46@akane-ad.co.jp

TOP